IHクッキングヒーターの良さ

IHクッキングヒーターが選ばれる理由

イシカワの良質住宅の標準はIHクッキングヒーターでした。私はあえてガスを希望して変更してもらいましたが、IHクッキングヒーターが選ばれるのにはやはり理由があります。

一番は火災の発生リスクが少ないということ。

ガスを使用して調理するときには衣類にも気を付けなくてはいけません。ガスの炎がフリース等の燃えやすい服の袖に引火してしまい火だるまになってしまったという事故もあります。

また、高齢者による火の消し忘れや小さな子が火に向かって手を伸ばしてしまうというケースも予防できます。スイッチは上についているので、子供の手が触れにくいというのもメリットですね。うっかり熱くなった天板に触れて火傷をしないように気を付けて使用すればガスよりも安全です。

イシカワ新潟西展示場のIHクッキングヒーター(日立)

ih

フラットな天板は掃除がしやすそうですね。他にもいくつかメリットをあげていきます。

火力が強く調節がラク

最近のIHは火力が強く、ガスよりも早くお湯を沸かせるという利点があります。また、火力の調整がスイッチで細かくできるので、弱火にしようとしてレバーを動かしすぎて火が消えてしまったというようなことも起こりません。

写真の日立のIHクッキングヒーターは12段階で火力が調節できるようになっていました。

部屋が暑くならない

ガスコンロを使って料理をするとキッチンの温度は上昇していきます。その点IHは使用しても部屋が暑くなりません。暑い夏場はとくに助かりますね。ガスだとそうめんを茹でるのにも火を使わなくてはならず、汗をダラダラ流しながら調理しなくてもいいというのは主婦には嬉しいかぎりです。

光熱費が安くなる

ガスではなくIHを選んでエコキュートにすると全体の光熱費を安くすることが可能です。(電力会社のプランにもよります)
エコキュートは深夜の安い電力を使用して給湯するため電気代を抑えガス代を浮かすことができます。

また、オール電化にすると保険会社によって火災保険が安くなるというケースもあるようです。火災保険一括見積もり依頼サイトというのもあるので比較してみると保険料を安く抑えることができますね。

前記事でもIHクッキングヒーターとガスコンロを比較しています。